wアプローチヘアの効果について

抜け毛や薄毛が気になられているあなたに、wアプローチヘアがどのように育毛効果に優れているのかを説明していきたいと思います。

 

 

 

wアプローチヘアに含まれている成分には、他の育毛剤に配合されている成分とはちょっと変わった成分が使われています。

 

このことが、他の育毛よりも口コミなどでの評価が良いと感じていますが、その理由を説明します。

 

 

まずはwアプローチヘアに含まれている成分をご紹介します。

 

 

wアプローチヘアに含まれている成分内容

 

1剤に含まれた美容成分

  • オクタペプチド-2
  • ヒアルロン酸Na
  • カミツレ花エキス
  • しそ葉エキス

 

1剤に含まれている成分は4つです。

 

◆オクタペプチド-2

※、髪の毛の毛包部分にバルジ領域といわれる細胞に指令を出している幹細胞が散々しています。この幹細胞、髪をつくる元になる毛母細胞に変化するTAという細胞をつくりだす能力があります。歳をつ取るにつれ体力などが弱ってくると髪をつくっているこの細胞も減少してきます。が、オクタペプチド-2にはこの幹細胞を元気にするという力が備わっており、つまりwアプローチヘアを塗布することで減少もしくは弱っていた毛母細胞が増えてきて髪の発育に貢献するという結果が生まれてくる成分です。

 

◆ヒアルロン酸Na

※、ヒアルロン酸は誰でも知っている通り保湿成分の代表格として有名な成分です。頭皮内にはさまざまな細胞が散々しています。その散在している場所を細胞外マトリックスといいますが、この場所に水分が減少してくると細胞の働きに支障が出てきます。抜け毛や薄毛がひどくなる要因としても頭皮内の水分不足という理由もある中でのヒアルロン酸Naの存在は大きいものとなる成分です。

 

◆カミツレ花エキス

※、カミツレ花エキスには抗炎症作用や修練作用がある成分です。キク科の植物でハーブティーとして有名で、よく化粧品などに使用されることが多い成分です。塗布することによって頭皮上の衛生効果が期待されかゆみといった症状の緩和に役立つという成分です。

 

◆しそ葉エキス

※、しそ葉エキスもカミツレ花エキス同様、抗炎症作用や収れん作用がある成分です。もともとwアプローチヘアにはアルコールが含まれていませんよね。そしてアレルギー的な方にも使えるようにしていますが、さらにしそ葉エキスを含めることによって葉エキスの抗アレルギー作用を利用してアレルギー症の方にも安心して使えるように配合した成分です。

 

 

 

2剤に含まれた医薬部外品

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸DL-a-トコフェロール
  • センブリエキス
  • パントテ二ルエチルエーテル
  • ピロクトンオラミン
  • カキタンニン
  • ニンジンエキス
  • イチョウ葉エキス

 

 

 

◆グリチルリチン酸ジカリウム

※、甘草としても名高いグリチルリチン酸ジカリウムという成分には、肌の炎症を抑えるという働きがあります。化粧水、日焼け止め、ニキビなどのさまざまな化粧品や育毛剤にはなくてはならない存在の成分ですね。

 

◆酢酸DL-a-トコフェロール

※、多くの化粧品にも使えれている酢酸DL-a-トコフェロールには皮膚の酸化を防ぐ抗酸化作用があるため、育毛剤に含まれることで頭皮を抜けやかゆみから守る役割をしている成分です。

 

◆センブリエキス

※、センブリエキスは古くから漢方として利用されている成分です。血行を良くするという働きもあるため最近では多くの育毛剤に使用されている成分としても有名です。

 

◆パントテ二ルエチルエーテル

※、パントテ二ルエチルエーテルにも保湿作用があり化粧品などに使用される用途も広い成分ですが、代謝をよくするという理由もあるため育毛効果を促進させる効果を期待する意味においても多くの育毛剤に使用されている成分です。

 

◆ピロクトンオラミン

※、今ではピロクトンオラミン入りのシャンプーが出るくらい人となっている成分がピロクトンオラミンです。頭皮環境を改善する効果がありふけやかゆみといったトラブルから守ってくれる成分です。

 

◆カキタンニン

※、体臭予防などの製品によく使われている成分にカキタンニンがあります。タンニンには雑菌やウイルスを殺菌する効果に優れているため、体臭予防にもなるし頭皮の臭みなどにも適応できさらに抗酸化作用もあるため、育毛剤にも最適な成分です。

 

◆ニンジンエキス

※、育毛剤などに使用されているニンジンエキスはオタネニンジン(朝鮮人参)といわれる成分が使われるのがほとんどで、健康にと滋養強壮作用を目的として利用されている成分です。ですが、肌につけることによる抗酸化作用や殺菌作用効果があるため、含まれた育毛剤も多くなっている成分です。

 

◆イチョウ葉エキス

※、イチョウ葉エキスといえば痴呆症や健忘症の薬ややサプリに使用されている場合が多いですが、血液の流れを良くすると意味もあり多くの健康サプリにも使用されていることが多い成分です。そんな成分ですが、フラボノイドやギンコライドという含まれた成分が酸化よりに傾いた頭皮環境を改善して育毛作用を穏やかにするという成分効果もあります。

 

 

wアプローチヘアに含まれた成分を説明してきました。

 

 

wアプローチヘアに含まれた有効成分・・・しかし?

この中でも注目して欲しい成分は一番初めに紹介した「オクタペプチド-2」という成分です。

 

このオクタペプチド-2という成分、wアプローチヘアの高い評価を多くの人に知ってもらえた成分としても有名になっています。

 

 

 

なぜかというと、髪の発育を促している毛母細胞が毛包の根元にありますが、この毛母細胞を作り出してている幹細胞と呼ばれている細胞を元気にしてくれる作用がある成分です。

 

なので、wアプローチヘアを塗布することで、多くの口コミにあったように「ボリュームがでてきました・ハリが出てきました・産毛が出てきました」などの声が上がってきているという現状があるんですね。

 

 

しかし多くの口コミの中には、これとは別につけても聞かなかったという反対の口コミ感想もあったりしています。

 

 

 

wアプローチヘアでダメだった人が使用する育毛剤とは?

要はどの育毛剤もそうですが、wアプローチヘアも例外ではなく効く人と効かないという人両方の人がいるということです。

 

その割合は半々ということですが、ではwアプローチヘアを使っても効果がなかった人はもう抜け毛や薄毛を治す希望がないのでしょうか?

 

 

 

いやいや治らいなんてそんなことは決してありません。

 

じつは、wアプローチヘアを使っても得られなかった育毛効果が得られる方法もあるんですね。

 

 

 

その方法とは、今ちまたで人気となっている育毛サプリの存在があるので、wアプローチヘアがダメな人でも決して気落ちすることはないんですね。

 

 

その育毛サプリは「ルグゼバイブ」というサプリメントです。

 

 

使った人の口コミの内容には

 

  • 髪の毛にハリとコシが出てきました。
  • ツヤが半端いほど出てきました。
  • 産毛が生えてきました。
  • 頭頂部の薄毛が改善されてきたような感じです。
  • 爪が丈夫になりました。
  • 肌がツルツルになってきました。
  • 化粧のノリが良くなって忙しい朝でも短時間で済むようになりました。

 

 

このような口コミがたくさん投稿されているのに驚きです!

 

 

四の五の言うよりは、どうせですからこの機会に今後の意味も含めて、その内容を実際に確かめて見た方が良くない、ですか?↓

 

 

ルグゼバイブの口コミを確かめてみる→

 

 

 

 

 

TOPへ